tabeさんとKARATEと日常と・・・
今一番興味のある,多部未華子さんと,空手と日々感じたことをつらつらと書き連ねていきたいと思って始めました

プロフィール

40代のおかん

Author:40代のおかん
性別:女
好きな女優:多部未華子
はまっていること:空手
練習中の形:コウソウクンショウ ニーパイポ
好きな作家:宮部みゆき,東野圭吾,小杉健二



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



ブロとも一覧





TOEICボキャドリル(わんこ版)




検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



アクセスカウンター



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


どS刑事~終わってしまいました

どS刑事...最終回は8.8%で平均9.3%ということで終了...

私のブログのアップが滞る理由は単に忙しくてパソコンを開く余裕がない
というだけかな??なんて思ってしまいます.

多部さん演じるマヤの表情はすごく良くて,マヤの感情を表しているけれど...
でもなんだか性格の一貫性がないような気もするし...
何より,その1話1話を見ていて「えっ?背景それだけ?それが動機?」
「それだけしか突っ込まないの?」
と思うことしばしば...

残念過ぎませんか??
誰がこんな脚本でドラマを作ることを許したんでしょう?
だれか脚本家に対してどSに
「ばっかじゃないの?こんなので視聴者が納得すると思うの?」
と言わなかったのか?突き返さなかったのか...

ちょっと書きすぎましたか...でも正直な気持ちです
スポンサーサイト

僕のいた時間 第11話(最終回)

最終回が終わって1週間以上...いまさらですがちょっとだけ(笑)

ドラマの中で描かれなかったこと...いっぱいあると思います.
恵はお母さんの手紙を読んだ後,どうやって許しあえたのでしょうか?
恵はシゲ先輩と話をできるようにはなったのでしょうか?
そして,恵は拓人と生きていく決意をどういう風に決めていったのでしょうか?

恵が拓人と生きていくに当たっては簡単なことではなかったと思います
それは恵が泣かなくなったこと,そして何より家族で話をするとき
家族が先生(吹越さん)と話をするときにも何も言わないことから
並々ならぬ決意がうかがえます.
そしてそれがふっと途切れるのが,拓人の演説の時のあふれる涙.
今までの多部さんが役の中で泣くときの泣き方とは全く違う
強い意志が感じられる涙でした.
でもどういう風に決めていったのかなあなんて思いながらも
意志を感じることができる表情,それが見れてよかったなあと思います

ところがもっと心残りのこと!
なんで恵のウエディング姿が写真だけなの~~~


僕のいた時間 第9話 第10話

あまりの忙しさに9話について書く前に10話が終わってしまいました.

9話は澤田家の話がメインだったのでおいといて(笑)

10話.
恵は1話,2話で就活をしていたころの頼りなさ,不安定さが消えて
拓人に対するゆるぎなさが出てきています.

そして一番かわいいなあって思ったのは
守と陽菜の結婚式の時の服.
赤いワンピースに短い白のボレロがお似合いでした.

拓人を探すときのおでこも(笑)

僕のいた時間 第8話

ようやく週末です.
今週もようやく金曜日になってパソコンに向かうことができました.

水曜日にあった第8話について...

取り留めもなく書いちゃう(笑)

陸人・・・「ジュース買いに行ってくる」って
さすが学習して大人になって,お兄さんの心はちゃんと汲んであげること
できるようになったねえと思いました
反面,お母さん...まだ子離れできていませんね(笑)
そういう設定なのでしょうが

そして恵と拓人とお互いの思いをぶつけるシーン.
もっともっと二人が思いをぶつけるところを観たかったな
なんていうのもありますが,一番好きだったのは恵の
「ほら,図星だ」
っていうところ.やっぱり拓人の理解者は恵なんだなと思った瞬間です

そして余談
冒頭のシゲ先輩と一緒に暮らせないといった恵がいう
「ごめんなさい」
”な”のところにアクセントが来ていて関西弁チックに聞こえたのは私だけ?

僕のいた時間 第7話

今回も多部さんは心の動揺をひたすら体で目で表す...
改めてすごいなあと思いました.
あきらかにシゲ先輩といるときと拓人といるときと目の輝きが違いますよね
今日手元にとどいた「ザテレビジョンCOLORS」のインタビューで
「拓人の病気を知ってまた近づくことになりますが,
 病気が分かったから拓人に戻ったみたいに見えないようにしたくて.
 付き合っっていたころの気持ちでもう一度惹かれていく恵を演じていきたいと思っています」
そういうのが最後の海のシーン・・・もう体全体でギュッと拓人を抱きしめる
今の拓人にひかれているという感じがひしひしと伝わってきます

恵の涙に始まり,恵の涙て終わった第7回だなあ~




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。