tabeさんとKARATEと日常と・・・
今一番興味のある,多部未華子さんと,空手と日々感じたことをつらつらと書き連ねていきたいと思って始めました

プロフィール

40代のおかん

Author:40代のおかん
性別:女
好きな女優:多部未華子
はまっていること:空手
練習中の形:コウソウクンショウ ニーパイポ
好きな作家:宮部みゆき,東野圭吾,小杉健二



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



ブロとも一覧





TOEICボキャドリル(わんこ版)




検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



アクセスカウンター



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ごあいさつ

多部さんにワズラッテ一年が過ぎました.
来年もよろしくお願いいたします

よいお年を...
スポンサーサイト

大みそかなので..

大みそかなので今年一年で印象に残ったことを残しておきたい..
と思います.
思えば,日記など書いたこともない私がよくも3か月も書きづつけたものよのう
などと思いながら...

<1>
多部さんにワズライ大奥に出会い,泣けないのに胸が痛くてたまらない
大奥というドラマに出会ったこと.観終わった直後からりぴ見し,その日の寝るまでに3回見るのがふつうの
ドラマに初めて出会いました...それほど私にとってすごいドラマでした

<2>
多部さんにワズライ,さまざまな方々のブログを時々みる毎日でした.
清水の舞台から飛び降りるつもりぐらいの気合で
思わずrakuyouさん(今日は本当に何回も名前を出してすみません)
のブログにコメントし,あれよあれよというまに
自分で多部さんを語るブログを開設したこと
このおかげでいろいろなところにお住まいの方と
お話することもできましたし,
面と向かって友人知人と多部さんの話をすることが
できなくて,でも話したくてうずうずしていた気持ちを
分かち合えることができました.
そして声をかけることがかないませんでしたが
タベワズライの方と遭遇することもできました.

<3>
多部さんにワズライ,大阪で多部さんを見ることを夢見ていました
ふくすけのチケットを取るのにあんなに苦労するとは・・・
思ってもみませんでしたが,それ以上に
あんなにはっちゃけて嬉しそうなカーテンコールでの多部さんを見れるなんて
思ってもみませんでした.
後ろの後ろの席でしたが,あの感動を味わえたのは
あそこにいたわずかな人だけと思うとこの感激は何ものにも変えられません.

<4>
多部さんにワズライ,サロメを見に東京まで一人で行きました.
平日の昼間を狙いぽんとクリックすると最前列しかもほぼ中央
こんな席をとれるとは...ここで感動したのは
多部さんの顔の小ささ,肩から鎖骨にかけてのラインの美しさ
演技のすごさ・・・いいえこのあたりはTVでも確認できるのです
あの席でなければ確認できなかったこと
かかとのうつくしさ・・
です.
すごくかかとがきれいで,私の常識の範囲を超越していました.
あ~女優さんってこういうところにも気を使うんだ.

<5>
多部さんにワズライ,初めてロぺピクニックのような店で服を購入しました.
あのような店に自分が服を買うために入ろうなどと思うなどあり得ませんでした
絶対無理だと思っていましたから...
意外や意外着れるもので,今では服がロぺピクニック化しています
ついでに娘も...

ここまで書いて思ったこと,何が一番だったかって...
それは多部さんにワズラッタことだということです

今日も大掃除

昨日から年末年始の休暇に入り,一度には無理なので
ちょこちょこ疲れない程度に大掃除.

最近は子供たちも大きくなり,しかも積極的に手伝ってくれる
ありがたい.

昨日は寒さを全く感じない上の子(なにせ今でも半袖半ズボン(笑))
に外の窓ふき,主人に中の窓ふき.
下の子と私はみなが一番つどうリビング(というにはあまりにも狭いが)
を徹底的に整理.
食器もかけているものを整理し,入りきらなくなっていた食器棚もすっきり
子供たちの勉強机もきっちり整理し,勉強しやすくなりました.
あとは,置くことができなくなってきていた
空手関連のトロフィー類を新しいものを残して箱になおしました.
リビングの机の下に作った自作の棚にいろいろ雑誌がたくさん...
とりあえずこれは次の日に整理...

ということで今日...
下の子はお手伝いしたくてしたくて仕方がない様子だったので
いつものおふろ掃除を床を徹底的に洗うようにお願いしました.
おかげで今日は気持ちよくお風呂に入れました.
そして子供たちはそれぞれの寝室を整理&自分で掃除機
私は,昨日出てきた雑誌の整理...
これが曲者..ついつい読んでしまう(笑)
しかも今年前半は多部さんがでていた雑誌でも
rakuyouさんのブログでみて(rakuyouさんいつもありがとうございます)
本屋に行き,あっブログに載っていたので全部だから今回は買わないでおこう
とか,今回はページ数が多いから買おうとか結構選択していたのですが
このブログを始めてから歯止めが効かなくなり(笑)
「オレンジページにハッピーターンのCMが載っていた」
(すみません,これもrakuyouさんのページからでした)
といえば,オレンジページを買いに走る始末...
というわけで雑誌も結構な量でした.

多部さんの記事をカッターで切り取り,カテゴリーごとに分けて整理していましたが
ついつい記事を「なるほど~」などと言いながら読んでいると
自分の部屋を掃除した娘が私がしていることをみて
「お母さん!ちゃんと整理しているの!」と逆に怒られました(笑)

そのあとからは,娘の足音が聞こえると,さっと本を隠し
掃除しているふり...おいおい高校生じゃあるまいし..
と自分で自分を笑いました...

なんだかんだ言いながら,整理も終了.
衝動買いしてしまったDVDたちも主人に隠すように
洋服ダンスの奥にきれいに配置しました.
もう私の宝箱です(笑)
明日は最悪に汚い部屋とトイレを片付け...
よし頑張るぞ!と気合一発

愉快な仲間のみなさんへ

しろさんに教えていただき,速攻本屋さんに走りました.

明日にしようかとも思いましたが,
待ちきれない愉快な仲間の思いを遂げるため...

メロディ付録


今日は仕事納め

今日は仕事納め...
このときに何かぶちかましてやろう!と常々考えていました.

お昼を回り,担当の装置をシャットダウンさせるために
みんなに徹底をお願いするメールを送りました...
そのメールでやっちゃいました...

「〇〇をちゃんとしてください.
 しない人には,中段回し蹴りをお見舞いします.
 誰か...わしのすることに異存があるかえ」

と書き,送信すると..
その瞬間から,パソコンに向かって作業をしていた人たちが立ち上がり
装置のほうへ(笑)

さすが上様の一言はすごい...えっ,中段回し蹴りの方?(笑)

原作を読んでみて②

昨日は4話の話を書きましたが,さかのぼって3話のところ.
もう3話多部さんがたくさん出てくるし,
上様の悲しい過去も明らかになるし
上様が何にこだわっているかが明らかになるし
でものすごく重要なシーンのオンパレードなのですが,
原作を読んですごく納得できたところがあったので,
ここに書き留めておきます.

上様の部屋(?)で
「わしだって好き好んでこんななりをして
 この大奥に息をひそめるように生きているわけではないわ」
と上様がい言った後(このときの多部さんの顔が大好きです,胸をうつ)
 「・・・・ご自分一人がつらい思いをしているとお思いならそれは大間違いや」
と言った後,家光は何も言わずに去って行ってしまいます...
原作では上様にそう言ってしまったことを悔やむ有功の姿が...
ここから有功の恋が始まったんですね...
ドラマでは上様の悲しい過去を正勝に聞いて有功が恋に落ちたみたいに
描かれているのだけれど..それはそれでありなんだけれどそれだったら
憐みから恋に落ちたみたいになっていて,
今回みたいに加速度的に恋に落ちたのは,有功に
上様への一言を悔やむ気持ちがあったからなんだ...と
とても納得しました.
二つを並行してみるとまたいろんな味わいがあってとても楽しいです

大奥を2倍楽しむ方法でした..ちゃんちゃん

原作を読んでみて

ずっと我慢していた,「大奥」の原作.
放送終了と同時に読みました.
ドラマと原作両方見た読んだ感想を時々語って行こうと思います.
原作未読で聴きたくないかたは読まないでくださいね

話のながれは本当に守られていたんだなと思いました.
原作もいいし,原作のイメージを守っている点,プラスしている点
いろいろあり,原作の方がわかりやすいところとドラマの方がわかりやすいところがあり
どちらも比べられないとってもいい作品だと思いました.

さらしを胸に巻くシーンが2~4話にありましたが,
これは女優多部未華子をしっかり守ってくれていました.
そうでなければ3話のあのおぞましいシーンは撮れなかったでしょうね.
原作はマンガだから許されるのでしょう..

家光は17歳~27歳まで,有功は15歳(たぶん出家シーン)~29もしくは30歳くらい
の設定であったようです.有功と家光は原作の中では2歳くらいしか
違わないんですね....そうなると堺さんはずいぶんと年上でした.
もう,家光と有功の愛は美しくて,儚くてとても胸が痛くなるような
二人をドラマでは十分見せつけれられたんだけど,
この年の差のせいで,少し有功がドラマでは大人過ぎた...
4話の草食系と言われるキスシーンでは原作の有功はもっと情熱的..
「全く なんと可愛らしいことを言わしゃりますのや.
 あかん こういうときはつい京言葉がでる.
 私に嫌われたらどうしようとお考えになっている
 あなたがいとうしうてならぬのやないか」
って有功に言ってほしかったなあ...
どんな声で言ってくれたんだろうとかって考えてしまう.

まだまだ大奥気分が抜けません(笑)

今日の一枚

カフェオレとココア
今日は夕食後,娘が私にカフェオレを入れてくれました(右)
左は娘のココア.
とかしただけですがおいしかったです.
明日の夕食を作りながら飲みました

新番組紹介

「遅咲きのひまわり」最終回終了後,次クールの「LAST HOPE」の紹介が
『絶望はいらない,希望を掴め!!』
音楽もスピーディな感じで,なんだかぐいぐい走っていきそうな紹介でした.

多部さんがあまりにかっこよかったので...
緊急患者に対しての手術着をさっと着るところ
手術着

<かっこいいとつぶやきがあったらしい心臓マッサージをするところ>心臓マッサージ

<クールなセリフ:可能性は0じゃない>可能性は0じゃない

いろいろ映っていましたが..この3つが特にかっこよかった..
前髪ななめはまだ残っていますね.
心臓マッサージはまじめにすると結構しんどいですが
頑張ってほしいものです.
ちなみに私は消防署主催の救命講習会で心臓マッサージをして
へこたれました...(笑)



クリスマスプレゼント

世の中の先輩タベワズライの方々には多部さんからの
暖かいメッセージに包み込まれていらっしゃる方々がいますが,
昨年はまだまだ,戸惑いながらの隠れワズライだったため
そういうこともなく,ごく普通の日常を過ごしております

とはいっても,今年一年多部さんのおかげで,私がすごく変われた・・・
多部さんがロぺピクニックのCMをしていてくれたおかげで
そういうところで服を買うということ,そんな服も着れるということが
わかり(今まであきらめていました)結構,外見も
周りから「変わったね」と言われるようになりました.
次に先輩タベワズライのRakuyouさんから後押しを頂きこのブログをはじめ
自分の意見を記載するようになり,仕事でも結構発言するようになった..
自分の意見を言うようになった...これって今までの私には
全くなかったことです.(上司にとっては嫌な奴になったかも(笑))
多部さんのひたむきさにふれ,前向きに物事をとらえることもしなければと思えた
などなど...ってこういったことを書こうと思ったのではなかった
ので方向変換

今日はクリスマスイブ
下の娘は友達などから「サンタさんはお父さんとお母さん」ということを
2年ほど前からいわれていて,正体を教えろと毎年言ってくる..
でももう少しもう少しサンタさんの真似事をさせてほしいなあ.
せめて小学生の間だけ...
私自身が幼稚園のころから「サンタなんていないよ!」って
すんごく冷めた子だったので...子供らしい心を失ってほしくないです.

5000カウント

90%いや98%ぐらい多部さんのことをつづってはや2か月強

5000カウント超えました.
びっくり.
一歩踏み出してよかったです.

前のままだったら,多部さんのファンであることを
公言できず,もんもんとしていたと思います.

おかげで仲間にも会えました.

これからもよろしくお願いします

女優 多部未華子 と 歌手 宇多田ヒカル

朝,夕の電車の中は,日常の喧噪から逃れ,
自分の時間を満喫する時間です..
(最近はブログを通じての会話も満喫していて
 今こちらもとても充実しています

朝は立っているので,音楽を聴き,
夕は座れるので本を読むという毎日...

そういった毎日の中で,ふっと思い立ったことを
書きたいなあと思います.

多部さんを見始めたのもこの1年ぐらいしかないし
宇多田さんのそんなにすごいファンというわけでもない
私ですが,気に障ったらもうしわけありません

朝,一番に聞くのは天気はどうであれ「雨」で多部さんの
澄んだ声で一日の始まりを意識するのですが
最近はそのあとにMISIAの「DEEPNESS」が加わりました.
そしてたまたま先日そのあとに宇多田さんの「First Love」
が流れてきました.前日に見た大奥の家光の逝去のシーンを
思い返しながらDEEPNESSを聞いたあとのFirst Love・・・
女優と歌手なんだけれど,すごく共通しているなあと思ったこと
が一つ...
「声がかすれていても,すごくはっきり言葉が聞こえて,
 とても耳に心地よい」

宇多田さんも冒頭あたりの歌っているところは
かすれているというか,耳をくすぐるようにささやいておられます.
多部さんも,臨終間際の苦しい中での有功への思いを
吐露している場面はかすれているような声です.
でもお二人ともとてもはっきり聞こえて,
心地よいというか,心に訴えかけてくるものがあり,
なんだか朝から一人でFirst Loveを聞いて感動していました.
数年前の番組で宇多田ヒカルの歌の秘密に迫る風の内容の
放送があり(全く番組名も覚えていません)その中で
宇多田さんの声には人に快適感やヒーリング効果を与えるといわれている
「1/fのゆらぎ」があるという話しでした..
(1/fは美空ひばりさんにもあると放送されていましたが
 実際にそういったヒーリング効果があるかどうかは定かでないようです)
ということは...多部さんの声にもそういったヒーリング効果があるのだろうか?
少なくとも患ってしまった私にはヒーリング効果はばっちりありやすが(笑)
「ゆらぎ」といえば,rakuyouさんのブログの名前も...

その日は結局一日そんなことを考えていました.
(お~い,仕事ちゃんとしているのか!!)

こんなにのんびりした休日は・・・

このところ,毎日帰宅も遅いのに,夜は妄想(笑),
休日といえば,朝から空手や夜から空手...
その合間に一週間の献立を考えて一週間分の買い物へ...
という毎日...

平日は相変わらずですが,さすがに年末でもうしんどいので
今日は遠くまで空手の練習に行くことはせず,
買い物と,年末の大掃除を部分的に始めることに...

まず第1弾として,レンジ回り...これが本当に油まみれで・・
この洗剤を使って頑張りました...
洗剤


意外や意外結構きれいになりました
液性がアルカリ性って書いてあるだけに,すこしアンモニア臭がしました.
たぶん購入が去年だったから香料としていれてあった
フルーツの成分D-リモネンが揮発してしまって
あまり匂わなかくて,アンモニア臭がきつくなってしまったのかなあ...
でも結構ストレスなく油おごれが落ちて,
私的には満足
すごく小さな一角だけの大掃除でしたが,それも満足
今年はこれだけで終わったりして(笑)

松尾さんの舞台に

この22日,23日には大阪で松尾スズキさんの一人芝居があります.
東京はもう済んだとのことですが
12日には多部さんはこちらに見に行かれたと
松尾さんがおっしゃっていました.
『ラストホープ』の撮影も嵐がコンサートを終えるまでは
毎日というわけではないようで,この間に
いろいろお芝居をみたり夜のTDLに行ったりして
充電されているのですね...
そう思うと,ほんとに次の歩美先生が楽しみです
なんといってもあだ名が『マシーン』って
どんだけクールなんだろう??

まずはお遊び編

注)これは単なる大阪人のパクリネタだと思ってみてください

堺さんのあるとき
あるとき二人編③.

ないとき
ないとき④.

あるとき
あるとき二人編④.jpg

ないとき
ないとき③.

冬バージョン:山崎の肉まん
山崎パン

夏バージョン:ミニストップのアイスクリーム
ミニストップ

いかが?
関西の方々ならなんのパロディかわかっていただけると思うのですが...


大声をあげすぎて・・・

今日は,師範から「前に出て基本をやっておけ」
の指令を受け,もう一人のお母さん空手家と半々で掛け声を...

しかしながら,子供たちに
「もっと大きな声ださなあかん!」
と言った手前,全開の大声を張り上げ,声がガラガラです.

しかし最近の子供たちはなかなか難しい...
たぶん空手の子供たちにとったら私は
「特に怖いおばさん」
なんだろうなと思います.

今日も師範の言った言葉の揚げ足を取った子に
「師範に教えてもらってんのに,ああいった発言は今後許さない」
と説教をしてしまった...
そういってもへらへら笑っているだけ...
睨んだら少しだけしゅんとするけど,10分もすればもとどおり...

できたらおこりたくはないんだけれど,時々爆発してしまいます..

対岸の彼女

対岸の彼女というWOWOWのドラマのDVDを購入

これは一応,ボーナスがでたら,「浪花少年探偵団」のDVD-BOXと同時に買おうと思っていたので
予算の範囲内です(笑)

何度か見たことはあるのですが,特典映像見たさについに購入

原作も読みました.このドラマを見てから,東京までの往復で読破してしまくらい
原作も面白い.
ドラマをみてから読んだので,ドラマの中の「とっておきの場所」
というのがすごくイメージがわいてドラマ⇒原作でよかったなあと思いました.

詳しいことはまたもう一度ちゃんと見てから感想書きたいなと思います

脚本は大奥と同じ神山由美子さん
時代が違うので共演場面はありませんが,堺さんもでています.

多部さんがでているのは言うまでもありません.

大奥 磯山Pの日記

今日,大奥の公式ホームページで磯山プロデューサーの日記がUPされていました.

打ち上げの様子なども記載されていて,
『その直前までくじ引き大会の司会を買って出てくれて、
「アイパッドミニが欲しいか~!」って叫んで、皆を盛り上げていたのに、
ご自分の挨拶になったら「家光の役が重くて、どうしたらいいか分からなかった」と涙…、
もうどっちも可愛い過ぎて失神しそうになりました。』
とありました.
とても良い現場だったんだなと痛感しました.
そして本当に家光は大変だったんだろうなあ.
こういう涙って美しいし,うらやましい..
一つの大きなことが終わった後の安堵&感激の涙...
仕事をず~っとしてきて,悔し涙を流したことはあるけれど
うれしくって泣いたことないなあ...

そしてお二人のお芝居のことについてこう記載されていました
『神山さんの脚本を堺さんや多部さんが、
さらにさらに昇華させる作業を間近で見ることが出来て、
とても幸せでした。
このお二人の芝居の良さは「努力」に裏打ちされているところがとても好きです。
簡単に出来ているように見えていますが、
それは死ぬほど考えているから、練習してるから、
役を感じているから、そして才能があるから、なんですよね。
本当にすごい役者さんだと思います。』

「努力」に裏打ちされた芝居...だからあんなに感動を呼ぶのですね.
昨日,全日本空手道選手権の放送があり,男子組手の部で優勝した松久功選手
のインタビューで
『努力は人を裏切らない
 でも人は努力を裏切るんだ』
とおっしゃっていました.すごい言葉だと思いました.
優勝した松久選手(この大会で引退だそうです.お疲れ様でした),多部さん,堺さん
その人たちの努力はこの人たちが今まで自分がなしてきたことを裏切らないように
必至にもがき苦しんだ結果なのでしょう....

だから私はまだまだ甘いのだと思いました.
努力を裏切らないほどの努力...してみたことがないような気がします.
だから,自分が大会で優勝しても泣けないし,負けても泣けないんだ...
いまいち感動がないんだ...う~ん

大奥 第10話 その3

なんど見ても涙が出てくる10話の家光の死ぬ間際のシーン
途中「洗濯物干すぞ」などというすごく現実的なことがあって
そのあと見ても,涙がでて,胸が締め付けられる思いです・・・

多部さんも堺さんもほとんど動きがなく,ほぼ表情だけなんだけど
どうしてこんなに心打たれるのか...

①多部さんの声:かすれていてもしっかりと聞こえるせりふ
②多部さんの息遣い:もう命を削るような息遣い..大きく胸が上下して...
③多部さんの目(=眼球の動き):「わしにとっての特別であった」と言った後の
 目の動き..これが私にとってはもう何とも言えず胸が痛くなるポイントです.
 あ~このあとからは家光は有功の顔すら見えなくなっているんだろうなあ
 と感じさせられました.
④最後の一息:大きく吐き出すような大きな一息.これでぐ~~~~っと着た後に
紅を施しそのあとの化粧が終わった後の美しい顔と
天から聞こえる「ありこと,ありこと」という声...
ここだけ見てももうだめです

そして最後に「春日局様・・・」で始まる尾美さんの声がまたいいですね...
ナレーションが尾美さんでよかった.

あ===明日から仕事できるかなあ.こんなん見たら寝れなさそうやし

それとDVD-BOXとサウンドトラックのプレゼントのナレーション...輝綱さんですよね
最後にいい仕事されていますよね...
ふつうのドラマなら主役の堺さんか,堺さんと多部さんでという感じになるんだろうけど
意外や意外...輝綱さんいい役だったから許す(笑)

大奥 第10話 その2

最終回みて,最終回見て,コミック読んで最終回見てコミック読んで最終回みてます(笑)
もう何をどう書いていいか整理がつかないのに自分が今感じたこと
思ったことを書くだけ書いてみたくなってしまい,
時系列に適当に書いちゃうという収集のつかない文を書いちゃいます

<出産シーン>
多部さんの出産シーン(若干23歳なのに)は前回の映画を含めて3回目
いつもいつも苦しそうです...
家光として合計4回目の出産・・・
出産の度に家光の体は弱くなっていったんでは...と思うのです...

<出産後の場面>
多部家光...有功しか見ていない...有功も赤ん坊よりも上様..
見つめあう二人...10話は見つめあう二人がお互いを見て意志の疎通が
できているという二人の新たな絆を感じました.
もしもそなたとの間に子をなしていたら...家光の本音がすごく表れていたと
どれだけそれを望んでいたのかと...

<子供と遊ぶ家光>
元気な頃の家光は本当にあでやかで,家光自身の女として成長したなあと思いました.
それと子供を見つめるまなざしが本当に慈愛にあふれていて
確か「浪花少年探偵団」の前には子供はあまり・・・というような
発言をしていた多部さんですが,この「大奥」では
子供と遊ぶ場面でもすごく母の目になっている...母の目そのもの
「浪花」の経験が本当に活きているのではないかと
勝手に感じています...

<倒れる家光>
きっちり,優しく姫を下してから倒れるところ...やはり母ですよね
有功に目配せして自分の状態を知らせる家光...
家光の気丈さと有功への信頼を感じました...

<床に伏した家光>
「わしはもう死ぬのであろう」
これに本当の答えを教えてくれたのはやはり本当の絆で結ばれた有功だった...

千代姫を後継者と決めてからの2回大きく息を吐くところがなんとも
言えなくて
絞り出すような声での「ありがとう有功」
「わしはもともといてはならぬ者なのだ,わしのなしたことが父上の名を汚さねばそれでよい」
大きくめをつぶって「千代,長子,徳子を呼んでくれぬか」
ここの一連の中で,家光が本当に苦しい中で話をしていた
最後の力を振り絞って将軍としての仕事をした...
でも私は思うんです.
有功も思っていたと思うんです.
「あなたはいてはならぬ者などではないですよ.
 すごくこの世の中に貢献したのですよ...」


<死の間際の家光>
一緒に死ぬ夢ではなく,生きてほしい,私のためだけに生きてほしい
壮絶な人生を送った家光の本当の願い...
有功にとっては死ぬ方がたやすかったかもしれません.
「死ぬ方がたやすいのだぞ」
の信綱が言った通りに・・・
今の今まで,この死ぬ間際は「上様」でなく「千恵」と呼んであげても
よかったのではないかと思っていましたが,
家光は有功は大好きで特別な人であった,でも私を思いながら
次の将軍 家綱の支えとなって生きてほしいと願った時点で
「千恵」と呼ばれることは望んでいなかったかもしれないと思い直しました.
だから,「いつか大奥を出る日がきたら二人で海を見に行く」
という約束についてもふれられなかったのかと...
でも手を握るだけでなく,しっかり抱きしめてあげてほしかったなあ
と思う反面,抱きしめてしまうと「身体のつながりはなくとも・・・」
というところと齟齬がでるからか...
いろいろ考えすぎて難しいです
化粧を施すというのは本当に有功の家光への愛を感じました
あと千代姫を橋の上で抱きしめていたときは有功は家光を抱きしめていたんだろうなあ
それにしても「有功,有功」とささやく声のあでやかで艶のあること...
こういう声の演出をさせたら「多部未華子」という女優さんは
最高だなと思った瞬間でした.

番外編
<正勝の死と手紙>
上様に恋をした一人...有功はそういいました..
正勝の愛は家族にあったと思います.そのあとの手紙も含めて
ここの「恋」というのはこの時代特有の君主への忠誠...
ただ男女が逆転しているが上に「恋」との表現だったのかと..
妻 雪への文...読んでほしかったな...何が書いてあるかわからない

<玉栄>
ほんとに子煩悩ですね...これがのちの桂昌院になるというのを感じさせてくれたと思います

<千代姫(家綱)>
男家光が亡くなった時につれでこられた子供の役をしていた庵原涼香ちゃん
前回のときにyamarineさん,もりあてさんに教えていただきましたが,
再度登場ですね.
「デカワンコ」さらにさらに「君に届け」でも多部さんの幼少期の役をされていますので
愉快な仲間たちのみなさん,一度見てみてください.




大奥 第10話

有功が家光に化粧を施す場面で,私の涙腺は決壊しました...
続きはまた今度...
今から原作を読みふけるとします

先日の高校時代の友人との会で...

<太秦>
久しぶりの京都...
京都駅まで行くことはあってもなかなかそこからどこかに行くということが
ありませんでした...
待ち合わせは『千本三条』..ってどうやって行くん??
最近はすぐに検索できるので,京都駅から嵯峨野線で二条駅まで行き
徒歩すぐ...
当日,嵯峨野線に乗ってビックリ!
え~~太秦ってこんなに近いの??
京都駅からわずか5駅やん...
なんだ~撮影を見るとかでなくても,多部さんが京都にいる間に
もっと京都駅や太秦に行けばよかったと痛烈に思いました.

<後輩との会話で>
かなり泡盛を飲んで盛り上がった後輩が,今度の選挙について語りだしました.
「先輩はどう思いますか?」
と聞かれたので,私なりの意見を述べると..
「さすが先輩.しっかりとしたご見識!素晴らしい」
と褒められました..
褒められたのはどうでもいいのですが
「しっかりとした見識」ってのに私は反応
プチ上様気分を味わいました
フフフ

最近,会話の小さいところに大奥との一致を見つけ一人でほくそ笑む私...
ちょっと変な私がいます

地震・・・

金曜日の地震...
私自身,金曜日~週末は大奥に浸ったり空手の試合だったりで
本当にニュースを見ることをなく過ごしてしまったのですが
地震が大きかったということを今日感じました.

というのも,金曜日の五時半ごろ,
会社にいたのですが,なんだか天秤の数値がぐらぐらゆれて
うまく測れないという現象が...
そのあと6時ごろには普通になったそうです.
地震が東北で会ったのが5時15分過ぎ...
前の地震の時もそうでしたが,関西にくるまでに
それくらいかかったものと思われます
実際震度2ぐらいあったそうで....

被害の状況とかも,見ずに大奥ばっかりみてちゃだめだなあとつくづく感じたにも関わらず
やっぱり見たいものに流されてしまいました...

今日の大奥談義

今日は会社で大奥談義...

少しトラブルがあり,装置を修理していた私と新人さん...
あーだこーだとその装置について述べる私に
「確かに」,「確かに」
と答えるので,思わず
「そなたは『確かに』ばかりじゃのう,正勝」
と言ってしまいました(笑)

そんな場面ありましたねえと二人で大奥談義...

「あんな上様は基本『わし』って言うけど『私』っていうときが2回あんねん」
というと
「女になったとき『私』なんですかね」
とすごくストレートな返事が返ってきました.
私がずいぶんとなやんだことをさっと返信してくるあたり,
さすが毎日のように大奥をみているだけのことがあるなあと感心しました

ちゃんちゃん

大奥第9話 再び

やっぱり,見てしまう大奥第9話...

目に涙をためながら,胸が痛くなるのがわかっているのに...

今日はもりあてさんの解説を開きながら...

有功に,大奥100人にいとまを出すことや
最初に契りを結ぶ男子を死罪にすることを申し付けた後の
二人の会話の場面...
有功に「心はあの時と変わらない」といわれても
微笑む家光の顔は確かに,さみしそうでした.
「孤高の将軍」なのでしょう.

そして最後の夜伽の場面...
どうしても多部さん目線の私は多部さんの表情を追ってしまいがちなのですが
今日は本当に一度に多部さんと堺さんの二人の表情を追うことに成功しました

もうここには一人の単なる男,しかも男としての弱い部分を全面に出してしまった感じの有功
そして,とても有功が好きだから,しかし愛だけにおぼれるのではなく
愛した男の願いを聞き入れる一人の女性がいました...

「そうか...そうか...わかった」
この3言を言うのにすごく時間がかかっています..
2回目の「そうか」を言う前に,すーっと息を吐くところが
何とも言えません...かなしみの極致ともいえるかと...

あ~またこの世界に浸ってしまいました...




君に届け

本当は今から大奥を見直したいところですが,
連日の外出,加えて今日の試合は6時過ぎにようやく終わったうえに
難波からの帰りの車で,ナビの道案内だけを頼りに行くと
間違える間違える...で難波をぐるぐる...
繁華街に車で行くのは大変だと再確認したぐらいにつかれたので,
この記事を書いて寝ようと思います.

「君に届け」は私をタベワズライへの道に引き込んだ作品です

昨年「山田太郎ものがたり」(嵐の二宮くんと櫻井くんとの共演)の再放送での
多部さんをみて,すごいきれいってなわけではない(多部さんすみません)
のにひかれる子だなあ...キュートな子だなあ...
多部さんの走る姿に,「この子めっちゃ走るの速くて運動神経よさそう」
とか,エアギターの時のノリの良さにかなりひかれていて
録画していた再放送を何度も繰り返し見ていました.
この再放送もその前の番組を毎回録画していたにすぎず,本当の偶然でした

そうこうしているうちに夏になり,
「ジウ」というドラマに多部さんがでる..
あの池上隆子ちゃんはどんな役をするんかなあとみだしたら
まあなんと全然違う役やん!
ちょっとこの子すごくないか・・・・⇒タベワズライ未満

でもそれはそれで何度も見ているだけですんでいたのですが,
最近のネット社会で皆様のブログを読みつつ,たまたま寄った
レンタルショップで,「君に届け」を見つけました.
このちょっと気になる女優さん多部未華子さん出演の映画
100円レンタルやし,ちょっと暇やしみてみよか?と借りることに...

なんだ,この超暗い子は...
目つきは悪いし,怖いし,座敷わらしみたいだし,貞子だし...(笑)
でも前向き???
それがあの,トイレで矢野さんと吉田さんの悪口を言っている子たちに
立ち向かっていくところから,ぽーんと変わる.
顔を上げたらめっちゃかわいいし,でも時々目つき悪いし...
もうトイレのシーンは返すのが惜しくて惜しくて何回も見ました.
泣きました...
返すには返したのですが,また見たくなって...
えーい買っちゃえ⇒タベワズライへの第1歩
スタンダードエディションを買いました...
何度も見ていたのですが,どうしても特典映像が見たくなり
再度スペシャルエディションを購入...⇒さらにタベワズライへどっぷり
こればっかりは主人には内緒です(笑)
というわけで,我が家には「君に届け」はDVDが2枚あります(笑)

その後原作を大人買いし,さらに泣いたのは言うまでもありません.


志村動物園 4回目

大奥の余韻冷めやらぬ今日...
何ともホンワカしたワオキツネザル「コハク」と戯れる多部さん・・・
あまりにかわいいので写真撮ってしまいました...

大きくなったコハク・・前回に比べてめちゃくちゃでかくなってる・・・
志村動物園第4回大きくなったコハク

コハクを驚かす?多部さん..
別に脅かしているわけではなく,仲間になる訓練の一つなんだろうけど
驚くコハクの姿を面白がっているような一面もみられて
ホンワカしました
志村動物園第4回コハクかくれないで

ジャングルって....????おいおい
志村動物園第4回ジャングル

やっぱり飼い主ににて食欲旺盛
志村動物園第4回バナナの取り合い

志村動物園第4回私も食べたい
でも私もまだ食べていないとか,私食べれるかと思ったのに...て
バナナ好きだっただ...

志村動物園第4回ネイル
このネイルかわいいですね.星があったり..
大奥ではネイルができない分,志村動物園では
毎回かわいいおしゃれなネイルをみせてくれてうれしいです.
私はネイルはできないので(爪の皮膚呼吸が失われる感じがして...
とてもうらやましいです.

最後はくるってロープがならないようにしてナイスヘルプでしたね
志村動物園第4回ナイスヘルプ



昨日の家光と同一人物とは思えませんが,同一人物なんですね・・・

恐ろしいほどの 大奥第9話

一晩ねても,胸の奥に苦しいものがはびこっている...
それほどに二人のたどっている恋の行方と
進んでいく方向が悲しくて,つらくて...

本来,ドラマとか映画で大泣きするときって
2度,3度みるとその場面を覚えてしまって
涙が少なくなっていくのですが,
この9話は違う...
次々と胸をしめつけれらて,涙の量が増えていく...

こんなの見せるの反則です!って言いたいのに

大奥に浸っていたいのに押し寄せる日常....
現実...

でも今日はこれから過去に浸りに行ってきます.
高校時代のクラブの先輩と後輩と同級生に会いに行ってきます
後輩と同級生は数年前に会ったことがありますが
先輩は卒業以来初めてです...

大奥 第9話

春日局が亡くなって...
物語が大きく動き出しました.
それも大きく大きく悲しみの方へ...
想像をしていたものの...想像以上の悲しさへ...


今回は家光と有功の気持ちがお互いを大切に
一番大切に思っているということを強烈に印象付け
だからこそのお褥自体ということ・・・
「遠いところに来てしまった・・・」というのがもう切ないです.

「女将軍と最初の契りを結ぶものは大奥から選び,死罪といたせ」
と言ったとき,本当は反対してほしかったかのでしょうね.....
今までの僧侶であったときの有功の心が強ければ,反対しただろうに・・・
そうしてくれたら,一人だと思わずにすんでいたかも....
真のことではない・・・そんなはずはないですよね...ほんとのことだった
有功が変わったのは,男としての部分がとても前に出てきてしまったから..
家光は環境が大きく変わってしまい,心の支えがほしい...
有功は自分の心を抑えられず...うまく感想が書けません・・

でも今回,有功の上様へのあふれる思いが伝わってきます..
 有功が夜の部屋を見て立ち止まるところ...
 玉栄が「必ず上様とのお子を」というところで,家光の
  体調を心配するところ・・・
大事な人だから,長く生きてほしい.
子供を産むたびに家光は命を削っているというのを
一番そばで見ていて感じ取っていたような気がします.

そしてやっと会えた家光と有功のところ...
元の通りになりたい家光と
元通りになりたくても
人間としての欲が大きく出てきてしまったがために
葛藤が生まれ,「独占欲」を出してしまうことと
春日局との約束=家光と有功が同じ方向をむこうとした世の中の平和
この二つで揺れ動き,自分の独占欲を抑え込んでしまうことを
選んだ有功...
それが有功の下してしまった手につながり....

そこに「何人もの男のに抱かれてけがれた身体は抱きとうないか」
という悲しい,何とも悲しい家光の悲痛な心の吐露...
でも違う,違うんだという有功の本当の心を知った家光
「そうか...そうか・・・わかった そなたもわしもなんと遠くまできてしまったことかの」
悲しい二人の恋...愛におぼれなかった家光と有功
だから二人の恋は悲しくも美しい...
けれど悲しすぎて家光の心を孤独にし,それが命を・・・
そう思ってしますのです....

心が大きくが乱れてしまい,うまくまとまりません・・

最後の有功の大奥総取締の場面はかっこいいんだけれど
そのあとの予告で泣いちゃうよ~~~


ごめんなさい

金スマの内容が違いました...
すみません...
おかしいなあ...



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。